薪ストーブの為に

薪作りのことについて、色々と書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イタリアの薪作り現場

イタリアでの薪作りは、どの様な感じなのか見てきました。


薪工場に付いた途端、大量の原木が待ち受けていました

見えている部分だけでも400t位あったな~


P1070203.jpg


原木はどの様なものか興味深々、

欧州ブナが有名ですが、日本のブナとはちょっと違う感じです

P1070200.jpg

実際に近くで見てみると、見た目は、日本の樫とほぼ同じでした

DSC_0213.jpg


詳しく見ている私たち・・・


DSC_0212.jpg


実際に持ち上げ、重さを確認してみると
概ね、コナラ位の重さでしたね~


割った薪はどうなるかと言うと



倉庫にバラ積みです

DSC_0195.jpg

サイズ別にストックエリアに落ちてくるシステムになっています



それをバケットでガサーっとすくって

P1070210.jpg


移動

P1070205.jpg


そのまま6t積みのダンプに乗せています

DSC_0233.jpg

P1070206.jpg

そのまま、配達ですので、基本は生薪でお客様宅へ配達していました

よって、乾燥工程はユーザーが自宅で行なうのが基本のようです



乾燥工程を、薪屋が行なわなくて良いのは楽だな~と思いましたね!





いのり薪生産組合のホームページはこちら→http://inori-maki.jp/


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/06/10(水) 09:38:10|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<薪工場のパノラマビュー | ホーム | イタリアの家は煙突がいっぱい!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://inorimaki.blog.fc2.com/tb.php/214-8a49e61f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。