薪ストーブの為に

薪作りのことについて、色々と書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新型WoodBagの使い方

久しぶりに薪仕事を行なった
ベルトコンベアのベルト交換で午前中の作業は全滅・・・
午後からは、あまりの好天で熱くて、へばり気味・・・

ともあれ、ベルトコンベアを修理しなければ、作業自体が効率よく出来ない・・・

WoodBagとベルトコンベアは抜群の相性というか、
お互いの利点を掛け合わせ、初めて目的を達成出来るベストカップルですので
がんばってベルト交換修理を行ないました

コンベア修理の様子は次回更新時ご紹介しますので
今日はWoodBagについてご案内します



質問が多いのが、使い方を詳しく教えてほしい、との問い合わせです
デザインが変わってからの使い方もお伝えしてなかった事もあり
WoodBagの使い方を写真に撮って見ました

吊りベルトが、4点フックへ変更となっており、その部分の使い方です

P1060003.jpg

WoodBagをスタンドに掛けている姿です

P1060004.jpg

それをフォークリフトで吊り上げている様子

P1060033.jpg


写真撮影のために行っている関係で、とりあえず単管パイプを使用しています

P1060037.jpg


単管パイプごと吊り上げています

P1060038.jpg

目的の場所まで移動した様子です


4点フックへ変更した関係で、この様に竿を通して行なうのが良いようです
(単管パイプはすべるので、注意が必要)



あと、反転させ薪を取り出すやり方ですが、
本当にに薪を出してしまうと、回収が大変なんで蓋代わりに
WoodBagの底部を切り取って使いました

P1050986.jpg



まず、上部、開口部に仮の蓋を被せ、4点フックを中央に寄せ
ローブで結んでいます

P1060013.jpg



その状態で、フォークリフトの爪で押し倒し、底部が見える状態にした後、
底部のフックに同じようにロープで結び、底部のロープをフォークで吊り上げると
薪を簡単に取り出すことが出来ます

P1060006.jpg



反転状態で吊り上げた様子

P1060008.jpg



薪がこぼれ無い様、仮の蓋を付けているので、はみ出した薪が見えていますね!

P1060007.jpg

本来なら、これで薪を全て綺麗に取り出せます。


とりあえず今日はこんな所で・・・



他に、工夫し便利な使い方を行なわれている方、情報をお待ちしています!




いのり薪生産組合のホームページはこちら→http://inori-maki.jp/


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  1. 2015/03/22(日) 14:36:28|
  2. WoodBag
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ベルトコンベアのメンテナンス | ホーム | 春の宴>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://inorimaki.blog.fc2.com/tb.php/208-49c241d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。