FC2ブログ

薪ストーブの為に

薪作りのことについて、色々と書いています。

薪と雨の関係 

昨日は結構な雨が降った

農作業には恵の雨だ

薪作りにだって恵の雨

RIMG1597.jpg

薪を雨に絶対濡らさないと言う方もいらっしゃるが
そんなに神経質になることはない

薪を多少、雨にさらしてあげると良い事もある

表面がほんのりキツネ色に成るくらいまで雨ざらしにすると
虫が付きにくいんですよ

それと、やっぱり乾燥にも関係してくる
雨が樹液を洗い流してくれる
この樹液が乾燥する際、かさぶた的な働きをし身を守ろうとする
だから、雨で流してあげる

RIMG1605.jpg


流れ出た樹液がこれです

こげ茶色の液体

初めて見る人は これは何なんだ! と思うんじゃないかな?

こいつをある程度流してあげると、良い薪が出来ます

雨が少ない時期は1ヶ月~2ヶ月ほど雨ざらしです

梅雨の期間ずっと雨にさらすと真っ黒になってしまいます

これが、俗に言う雨ざらし薪です




次回、雨ざらし薪の話題を取り上げてみます。




いのり薪生産組合のホームページはこちら→http://inori-maki.jp/


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



  1. 2013/05/11(土) 07:23:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3