FC2ブログ

薪ストーブの為に

薪作りのことについて、色々と書いています。

雨ざらし薪

”雨ざらし薪” と言うのをご存知でしょうか?

春に薪割を行い、梅雨明けまで雨にさらす事で
より一層乾燥を促す方法であり、此の辺りでは昔から行われている方法です。

私が子供の頃はこれが普通で、浅黒く焼け、カビの痕跡があり、時にはキノコが生えた薪を見ると
よく燃えそうだな~と思ってしまう。


RIMG0028.jpg

今シーズン敢えて”雨ざらし薪”(クヌギ)を40tほど造ってみた
普通の薪屋さんで売られている薪は、なぜあんなに色白で、綺麗なのだろう???
と思うものが多く、不思議な感じがします・・・

雨ざらし薪は、やっぱり綺麗な薪と比べると ”汚い薪” と言う感じですが
薪本来の目的である乾燥と燃焼を考えると、やっぱり雨ざらし薪に成ってしまう。

RIMG0030.jpg

散歩中の近所のおばさんが「よ~からびた”焚きもん”のできとるた~い」と言ってくれます・・・
                  (よく乾燥した薪ができてるね)
しかしながら”焚きもん”のニュアンスは、 ”風呂焚き用の薪” なので、微妙な違和感が有って
苦笑いしながら、有難う御座いますと返事している・・・

RIMG0057.jpg


まっ、なにわともあれ、"雨ざらし薪"のクヌギはいい感じで燃えている。

ホームページはこちら→http://inori-maki.jp/


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



  1. 2012/10/14(日) 19:47:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0